LINK

最近、電子書籍で本を購入しています。過払い金請求に強い事務所

スマホで簡単に本が読めるので楽なんです。

だけど本当に好きな作家の小説を買う時は、少々高くてもハードカバーの本を購入すると決めています。

発売間近に予約を入れて置いて、すぐに小説が読めるようにしておくんです。

それはしばらく前からの慣行となっていることで、小説を手に入れる時のワクワク感を楽しみたいという気持ちからそうしています。

それと話題作なんかは特に人から感想を聞くようなことがあってはならない、真っ新な気持ちでその作家の書いた小説と向き合いたいといと思います。

誰かが良いよと行った小説を後追いしたくないというよりも、自分が人の意見に左右されやすい人間であるというのは、自分でも十分に分かっている事なので、通販サイトで人が書いたレビューや口コミなんかを避けたいという事もひとつの狙いです。

もし自分に合わないと感じた小説はすぐに投げ出すようなことはせず最後まで読み、後からもう一度読み返してそれでも合わないと感じたら、売りに出すようにしています。