LINK

車を買い取ってもらう時、そして車両の下取りの時も印鑑証明というものが必要です。

この印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として効力を持つということを保証する目的の書類です。

印鑑証明がないと、その印鑑について実印として効力を持つという事実が証明できません。

大金が動く売買になる中古車の買取のため必然的に実印が必要になることになりますがそれとセットで印鑑証明が出てきます。

印鑑証明という書類を発行するには事前に印鑑証明の手続きをすることが必要です。

書類に登録する印鑑は普通、実印といい唯一無二の判子であることが必須です。

この印鑑を持って、役場の案内係に行くことで印鑑登録の手続きができます。

手続きが済むと印鑑登録カードが発行され、印鑑登録をした印鑑は実印として認められたということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには役所の受付へ出向き、専用の書類に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけでできます。

そして自動交付機でも印鑑証明書を発行してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためどんなに前の印鑑証明であろうが証明書としての効力はあるのです。

ただ自動車買取のときには必須条件として現在より3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

基本的には有効期限を気にする必要はないのですが自動車買取の際には店側が必須となる有効期限を設定していますのでもし売却予定の車があるのであれば最初に手元に置いておくことが望ましいです。