FX(外国為替証拠金取引)で投資する魅力は一つだけの金融商品あるが投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスのどの期間を選定するかということにより投入の仕方が異なるという部分にあるのです。78-4-76

初めに外貨投資の「長期の投資」に関して見てみよう。78-14-76

長期とは、一年以上の投資期間を前提にしています。78-12-76

だいたい為替相場においては、一年以上も経過した後の為替レートは円高と予測するか、反対に円安かを予想するということは、多くは苦難でしょう。78-5-76

普通の人は、「それほど後の動向は予言できない」というのが実際のところだからです。78-7-76

未知なのになんとか予想しようと思っても、そんなことは無意味な行為です。78-17-76

そのため外貨を買った場合、その価値よりも円高に変動したとしても、その差損分はそのうち円安になるだろうという軽い意識でやり取りに参加することが必要です。78-6-76

利益をアグレッシブに狙うことよりもそれ以外の利益つまりスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で稼ぐことを一番の目標と決めて出資しましょう。78-15-76

当然のことながら、ちょっとの期間で差損に損失がひどく膨らむことがあります。78-20-76

よって、そういった損失にも耐えられるようにレバレッジをなるべく少なめでやり取りする心がけは肝心です。78-9-76

FX(外国為替証拠金取引)は、損が一定額を上回って拡大すると追い証を求められたりあるいはストップロスがかかったりします。

ロスカットになってしまったらすぐ売買をフィニッシュすることになり、長期トレードは難しくなります。

この種のリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍に設定してやり取りするのが良いと思います。

次に中期の投資の場合のやり取りを考えてみましょう。

中期投資のケースでは、最大で1?2ヶ月くらい先を想定してのトレードとなります。

為替売買の場合、1ヶ月後のことであれば、おおかた先読み可能と言われます。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような公式の論議の話題、為替取引参加者がどういう問題に着目しているかを確認してみればだいたいの場合、見当がつくでしょう。

このような経済情勢をチェックしつつグラフを確認することで為替相場のレベルをわかるようになりどちらのポジションかを決定するのがいいでしょう。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックのどちらでも良い感じでありまたは買いが同じ時はほとんど判断した通りに行くと思って良いでしょう。

そのような時はポジションを増やしておく事で一層多額のリターンを期待できるはずです。

最後に短期スタンスのポイントです。

ここでの短期のトレードとは言わば日計り取引のことを意味しています。

為替市場でデイトレを行う際は、経済の状況は決して影響しないと明言していいです。

というのは明日の為替のレートの動きに経済の状態は関連がないからです。

この場合、一番のカギは注目されるイベントがありそれが影響して為替の相場が大きく変化する瞬間を狙ってトレードしましょう。

たとえば、アメリカにおいて雇用情勢が公布される、それとも金利政策等によって制作金利が動くような催し。

こんな大事な機会に変わり目を逃さないといった意味から、短期トレードは多種の知識が欲しいところである。